5月20日(日)練習(報告あり)

5月20日(日)練習(報告あり)

スケジュール詳細


ウォーミングアップ
「心象スケッチ」全曲
Herbstlied(メンデルスゾーン)
Christ ist erstanden(シューベルト)
Die Nachtigall(メンデルスゾーン)

休憩

様々な模倣とハーモニーの練習
Solfeggio(ペルト)
Herbstlied(メンデルスゾーン)後半
Christ ist erstanden(シューベルト)

前半は、予定曲目をざっと通しました。
今後は、前半に練習予定で記載した曲を通すという形をとる予定です。
初めて取り上げる曲はその限りではありません。

休憩後は、「みのりの時間」のかわりに基礎練習をしました。
後半に取り上げた曲では、ハーモニーの確認や音楽づくりをしました。

Christ ist erstanden は、ゲーテの代表作「ファウスト」の序曲で、「天使の合唱(Chor der Engel)」と言われています。
悪魔メフィストーフェレスがファウスト博士の魂を悪の道へ誘おうとする…という話で、この曲にも強弱や和音進行など随所に「悪魔」らしさが表れています。
そんなことを主宰の石原が解説しながらの練習でした。
「おまえを悪の道へいざなってやろう」
「ヒーッヒッヒッヒ」(悪魔の笑い声)
「この曲こわっ!」
なんて言いながらそれはそれは楽しそうに指導しておりました(笑)

一緒に歌いませんか?

アンサンブル・ガウディウムは団員募集中です。興味を持っていただけた方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。