新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い練習中止が続いております。見学希望の方は事前にお問い合わせください。

1月13日(月祝)練習(報告あり)

1月13日(月祝)練習(報告あり)

スケジュール詳細


遅ればせながら、明けましておめでとうございます。今年もアンサンブル・ガウディウムをどうぞよろしくお願い致します。

というわけで、新年1回目の練習を行いました。

主宰による発声練習ののち、コンサートミストレス村上果による「みのりの時間」でモーツァルトのLaudate DominumとAllelujaの練習。

この2曲は年末最後の練習で音取りをしていましたが、主宰曰く「そのあと忘年会で酒飲んだからなー(笑)」ということで復習からスタートです。

音取りは細かい部分も直しが入ったのですが、ある部分で自分のパートはどのような役割なのか、その役割を分かった上でどう歌うのかなど、ただ音取りをするだけではなく、目からウロコな話をたくさん聞くことができました。

その後は再び主宰の指導で2月の関西混声合唱フェスティバルで演奏予定のシューマンのZegeunerlebenと、高田三郎の心象スケッチより2番・4番の練習。Zegeunerlebenでは普段速いテンポで歌う場面をゆっくり歌うことによって、場面場面での息の流し方や体の使い方を改めて見直したり、心象スケッチでは「にっぽん」という言葉が「にぽーん」に聞こえるという指摘もあり、本番間近ではありますが、一つ一つ課題をクリアしていきたいですね。

3時間の練習が終われば、頭も体もクタクタですが、心地よい疲れを感じながら帰宅しました。

(by テノール 元グリーメン)

一緒に歌いませんか?

アンサンブル・ガウディウムは兵庫・大阪・京都などで活動する混声合唱団。ただいま団員募集中。腕に覚えのある合唱経験者、音大生、合唱を深く学びたい学生など大歓迎!一歩進んだ合唱を楽しんでみませんか?